【野原工芸】手入れ(オイルの塗布)は必要?頻度や方法をご紹介

野原工芸
この記事は約2分で読めます。

どうも、”いうと”です!

野原工芸のペンは、手入れ(オイルの塗布)が必要なの?

必要なのであれば、頻度や方法も教えて欲しい。

この記事では、野原工芸の手入れ(オイルの塗布)は必要なのか、頻度や方法についてご紹介します。

木軸ペンの手入れは必要なの?

木軸ペンの手入れはしなくても良いですが、ペンが割れにくくなったり、艶が出やすくなるため、私は”手入れをする”ことをオススメします。

反対に手入れをしないと、自然なまま経年変化するため、単にこれは、好みの問題といえるでしょう。

頻度はどれくらいがいいの?

高頻度で手入れ(オイルを塗布)すると、ペンが割れにくくなってしまうこともあり、2〜3週間での手入れがオススメです。

いうと
いうと

私の場合は、大体20日くらい(2〜3週間)で手入れをしています。

手入れの方法は?

色々な手入れの方法がありますが、私は以下のように手入れをしています。

オイルは、野原工芸で購入したときに付属したものを使用していますが、他の市販されているものでも代替可能です。

①ティッシュ1枚とオイル、木軸ペンを用意

②ティッシュにオイルをつける

③そのティッシュを使って、木軸ペンを磨く

④オイルが多い場合は、新しいティッシュなどで拭き取る

いうと
いうと

上のはあくまでも一例なので、自分がやりやすい方法でOKです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました